« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月28日(金)

1校時 算数

 

計算パズル(四則混合)2枚綴り。

 

割合を使った問題。

速さ,距離,時間。

 

2校時 体育

 

バスケットボール,体育館にて。

リーグ戦終了。

それを鑑みて,チーム再編成。

 

3校時 国語

 

ボランティアしあおうよ。

 

日本は欧米に比べ,「ボランティア」というものが根付いていない。

することが気恥ずかしく感じたり,そのような環境が周りになかったりする。

 

ならば,さかんに行われるようにするにはどうすれば良いか,みんなで考え,パネルディスカッションをする。

 

今日はその前段階。

 

全員が先ずどうすれば良いかノートに考えを書いた。

 

社会科でいえば「予想」。

 

4校時 総合

 

英会話。

 

行ってみたい国,そこでやってみたいこと,見てみたいもの,食べてみたいもの。

 

昼休み 二重跳び練習

 

校庭にて。

 

5校時 ロング集会

 

昨年度はインフルエンザパニックで中止になったので2年ぶり。

 

今年は校内のみにしてしまったので,廊下が混み合ってしまっていた。

竹下通りのよう。

 

来年度の反省事項となる。

 

兄弟学年で声を掛け合って楽しそうだった。

 

6校時 理科

 

初めに社会科見学バス座席決め。

 

その後新単元「電気の働き」。

移行措置単元。

 

時間が無かったので,手回し発電機を体験するところまで。

 

放課後 残プロ

 

 

卒業まで34日

シャボン玉みたいに消えていく時間だからいっぱい作ろう思い出。(かほ)

2011年1月27日(木)

朝読書

 

1校時 社会

 

市議会の働きまとめ。

前回の内容を簡単に図式化した。

 

2校時 国語

 

新単元「ボランティアしあおうよ」。

 

初めに今まで体験したものや,知っているボランティアについて考えた。

 

ボランティアとは辞書によると

 

自発的に無報酬で行う社会的な事業に従事すること

 

とある。

 

みんなは

 

ゴミ拾い

クリーン作戦

捨て犬の世話

地域の清掃

募金活動

 

などを挙げた。

 

私から,NPO,NGO,その中の代表的なものである「国境なき医師団」を挙げた。

 

本文を私が範読。

 

文中に使われている写真に,カブスカウトの活動の様子が載っていた。

私も小学生の時に3年間くらいカブスカウトに所属していた。

懐かしい。

 

イギリスの退役軍人,ベーデン=パウエル卿が

男らしく,また社会に貢献できるような少年を育てたい

という志で始まった「ボーイスカウト」。

 

今の子どもたちに求められているような体験を数多くできた。

 

奉仕活動

自然と触れ合う

野外活動,体験

協力

 

それらをキャンプや地域清掃,募金活動などで触れることができた。

 

業間休み 百人一首大会高学年ブロック予選

 

ファミリーから3名出場予定だったが,1名が残念ながら体調不良で欠席。

 

2名とも2位通過で,明日の決勝に臨む。

 

3校時 算数

 

計算パズル2枚綴り。

たし算・ひき算。

6マス×6マスだが,随分解けるようになった。

 

私がこのパズルで伸ばしたい力は

 

忍耐力,集中力,思考力,計算力など数多あるのだが,一番つけたいのは,問題から逃げずに立ち向かう姿勢だ。

 

社会に出ると問題解決力が求められる,とよく言われるが,ではどうやってつけるのか。

 

社会科では,問題を把握し,解決する為の予想を立て,調べる計画を立て,調査,追究し,それをお互いに交流し,修正し,表し,…

というようなルーティンで問題解決学習を行っている。

 

個人的には,最後の表したものをお互いにぶつけ合い,価値判断・意思決定させることで思考力を高めることに興味がある。

でも,ファミリーには,先ず問題に立ち向かう資質をつけたい。

 

答えが出にくそうなもの

 

と思ってしまうと直ぐに思考停止してしまう子が多いからだ。

 

どの教科でも問題解決力をつけることができると思う。

これからも,様々なアプローチの仕方を追究していきたい。

 

比を使った問題。

 

4校時 書写

 

書き初め鑑賞。

硬筆。

 

昼休み バスケットボールなど

 

体育館にて。

 

5・6校時 総合

 

卒業制作など。

 

私は掃除終了後,環境委員会の代表児童2名を引率しながら認定式へ。

この1年間,本校で環境保全の為に取り組んできたことを,パワーポイントを使い,他校の前で発表した。

 

2人とも堂々と発表して,非常に上手だった。

 

 

卒業まで35日

卒業まであと35日。

みんなで楽しく過ごそう。(こうだい)

2011年1月26日(水)

朝読書

 

卒業に向けて雑談。

音楽や朝の歌では,「ありがとうの会」と「卒業式」で歌うものを練習している。

 

そろそろ少しずつ「卒業」を意識して歌ってもらいたいと注文。

歌詞に自分を投影しながら,など。

 

この7年間で,私にとっては3代目の卒業生なので,それなりにイメージやシュミレーションができるのだが,ファミリーにとっては未知との遭遇。

 

こうやって話をすることで,私自身も卒業式を演出していきたい。

 

1・2校時 家庭・・・・と思いきや今週はB週なので1校時は音楽。

 

ファミリーはそんな私を責めることなく,そそくさと音楽へ。

有難い。

 

2校時 家庭

 

業間休み ワンポイント避難訓練

 

3校時 国語

 

思いや願いを,テスト

 

計算パズル2枚綴り(かけ算,わり算)。

 

4校時 社会

 

公共施設のきっかとなった市民の願いについて。

 

「議員」という言葉が出たので,では議員とは何をする仕事なのか考えた。

 

これがそのまま予想の②の「決め方」につながる。

 

国会議員,県議会議員,市議会議員,どれも我々の声や願いを実現する為に働いている。

 

国民全員で話し合うことはできないので,その代表としていろいろ働いている。

 

そのようなことをまとめた。

 

総理大臣は国会議員の中から選ばれるが,知事と県議会議員,市長と市議会議員は別々の選挙で選ばれる,という違いについても。

 

少し難しい話になっているので,目の泳いでいるファミリーもいるので,丁寧に説明したり,考えさせたりしたい。

 

5校時 国語

 

百人一首大会クラス予選。

 

みんな静かにやれよ,と事前に釘を刺しておいたのだが,それをちゃんと実行してくれた。

本当にうちのクラスのこういう所は素晴らしい。

 

6校時 クラブ活動

 

今日は3年生のクラブ巡り。

 

放課後 残プロ。

 

 

卒業まで36日

1日1日を大切に過ごそう。(こうだい)

2011年1月25日(火)

発表朝会

 

栽培委員会発表。

表彰。

 

1・2校時 理科

 

実験室にて。

 

からだのはたらきとつくりの発展教材として,カタクチイワシの煮干しを解剖した。

 

そのままのものと,少しビーカーで煮てからのもの2種類を用意して行った。

 

小さいので,どれがどの臓器が判別しにくいので,ネットからひっぱってきた画像を参考にしながら。

 

脳や,心臓,肝臓,胃などを上手に取り出し,観察することもできた。

中には,腸の形のまま糞がのこっていたものも。

 

3校時 音楽

 

エール,巣立ちの歌練習。

 

エールは「ありがとうの会」で,巣立ちの歌は「卒業式」で歌う。

 

卒業式ではもう1曲,「最後のチャイム」を歌う。

学年職員と音楽専科で曲を選んでいる際に,音楽専科一押しの曲だった。

 

このブログでも書いたかもしれないが,その曲は前々ファミリーも歌ったもの。

偶然だが,私にとっては非常に思い入れの深い歌。

 

前々ファミリーの際の学年主任が,

「初めての卒業生なんだからトンガリさんが選んでよ。」

と言ってくれ,「最後のチャイム」を選んだ。

 

「仰げば尊し」のような感謝を込めた歌も良いのだが,子どもたちの思い出を歌っているものの方が私は好きだ。

 

「最後のチャイム」はそれにピッタリ。

 

思い入れが深い分,涙腺が危ないかもしれない。

なるべく練習の際には違うことを考えることにしよう。

 

音楽は良い。

 

その曲を聴くと当時のことを思い出す,ということがよくあるものだ。

90年代の流行歌を聞くと,私も学生時代のことを思い出す。

 

4校時 算数

 

比を使った発展問題。

 

5校時 体育

 

フラッグフットボール。

だいぶ上手になってきて,盛り上がってきた。

 

6校時 学活

 

給食のルールについてもう一度考えよう。

 

私は社会科副読本の編集会議の為,出張。

 

どんな話し合いになったか明日が楽しみだ。

 

いろいろあったが,とにかくみんながなるべく好く嫌いをせず,残さずに食べてくれれば,と思っている。

時には残菜が出ても仕方がないと思う。

 

給食室への感謝の気持ちと,もったいない,という思いから,ずっと残菜ゼロを目指してきたが,それが全てではない。

 

みんなでしよう,という思いを分かち合ってもらいたかった。

 

殊に「食」という人間の本性が垣間見えるもの程,考えることが必要だと思った。

 

楽しく食べるのは大切だが,集団で生活している。

時間内で食べ終わることも大切だ。

 

勿論早食いを奨励しているわけではない。

 

そろそろ時間だから無駄なおしゃべりはやめよう。

少し残っているから誰かおかわりしない?

もう終わるから,片付けの準備をしよう。

 

というような声かけをお互いにしてもらいたいと思っていた。

 

残念ながら,いつまでも知らん顔をしておしゃべりばかりしている子が目立っていた。

 

だから,現ファミリーにはもうこの方式は通用しないから,自分たちでルールを考えさせるようにした。

 

だが,一部の子だけで話し合って,しかも不公平感が拭えないようなルールになってしまった。

担任として,もう一度考えてもらいたかった。

 

私が不在だったのでどうなったか分からないが,話し合うことは大切だと思う。

 

授業でもディベートなどをなるべく取り入れてきたが,もっと学級会を持たせるべきだったと,今更ながら反省している。

 

どうしても私が引っ張りたい,という気持ちが強過ぎてよくない。

せっかちで,面倒くさがりの私の悪癖が災いしている。

 

今日の出張先で,私の研究授業を参観してくれた某小学校の校長が,

 

本当に落ち着いている学級だよね。しかも素直。

普通,高学年はもっとひねくれている子がいるもんだけど。

 

と言ってくれた。

 

確かにファミリーはみんな良い子だ。

 

でも私がそれに胡坐をかいてはいけない。

 

まだまだ俺らは上にいける筈。

高みを絶えず目指さなければいけない。

 

地平に果てが無いように。

 

卒業まで僅かだが,だからこそ今を大切にして,最高の卒業式にするにはどうすれば良いか,真剣に考えていきたい。

 

 

 

卒業まで37日

残りの37日間,

学校生活でやり残したことをやりきろう。(まち)

2011年1月24日(月)

朝読書

 

先日,BBCで「二重被爆者」を嘲笑するような番組が放送されていた。

非常にデリカシーが無くて不謹慎だと思うし,核保有国がこんな放送を許可しているうちは,核廃絶など夢物語だと思う。

 

「川とノリオ」「はだしのゲン」や社会科の戦争単元を学習してきたファミリーにも,このことについて知ってもらいたいと思い,BSニュースで報道されていたものをDVDに落としてきた。

 

視聴してみると,このニュースを知っていたファミリーは4,5人しかいなかった。

 

34万人以上の尊い命が無差別に奪われ,今も後遺症に苦しんだり,悲しみに打ちひしがれている遺族もいるというのに。

それを笑いものにできる神経が理解できない。

 

それが戦争だから?

そういう時代だったから?

 

とんでもない。

 

まだ,過去のもの,とするには早過ぎるし,ずっと伝え続けなければいけないと思う。

 

山口さんの遺族の方の心中を察するに余りある。

 

1校時 算数

 

比を使った問題練習。

 

2校時 国語

 

漢字の読み方。

 

上手を「かみて」「しもて」というように,文脈によって読み分けるというもの。

「ふうしゃ」と「かざぐるま」ではニュアンスが違う。

 

業間休み 有志の手伝いをもらって書き初め展示。

 

こういう時に率先して手伝ってくれる子はいつも決まっている。

 

3校時 社会

 

公共施設建設のきっかけとなった市民の願いを調べた。

班ごとに画用紙にまとめ共有。

次回,検討。

 

4校時 理科

 

肝臓,腎臓の働きや,体内の臓器についてまとめ。

模型を使い,骨の動きと筋肉の収縮についても学習。

 

5校時 総合

 

卒業制作。

 

放課後 さよならテスト&残プロ。

 

 

卒業まで38日

卒業までの1ヶ月ちょっと,毎日を大切にして,

クラスのきずなを完成させよう。(まち)

2011年1月21日(金)

1校時 算数

 

計算パズル2枚綴り(かけ算,わり算)。

 

比を使った問題練習。

 

やはり「割合」を学習した時よりも,機械的に数字をあてはめることが理解できれば問題はスラスラ解けるようだ。

しかし,それで本当に「割合」が理解できたとはいえないのだが。

 

算数があまり得意ではない子には,解ける,ということがきっかけで,算数に親しんでもらえれば良いのだが。

 

2校時 体育

 

バスケットボール。

家事都合や体調不良が理由で,7名欠席。

なので,今日はリーグ戦は中止して,ゲーム形式の練習。

 

最後にオールコートを使ってみんなでゲーム。

なんだがわけが分からなくなってしまったが,意外に盛り上がった。

 

3校時 国語

 

万葉仮名,平仮名,カタカナ,ローマ字について。

 

4校時 総合

 

英語。

国名やその名所について。

 

5・6校時 図工

 

卒業制作。

オルゴール,表示札作り。

ニス塗りに進んだ子も。

 

学年会議の為,残プロは無し。

 

放課後に,お休みの子の家に手紙を届けに行った。

(一部は届けることをお願いした子もいるが。)

 

下校途中のファミリーに遭遇。

みんなワイワイ楽しそうだった。

(若干通行の邪魔になっていたが。)

 

あわよくば,この時がもう少し続いてくれれば,と思う。

別れが確実に近付いているのは免れないが。

 

 

卒業まで39日

時間が過ぎるのは思ったより早い!

『最高の』卒業式目指し,

かけがえのない思い出を作ろう!(きょうこ)

2011年1月20日(木)

朝 漢字テスト&朝読書

 

1校時 社会

 

某公共施設建設のきっかけとなった市民の願いは何だろうか。

 

私の自作の資料を使って。

文言が大人向けなので,班で相談もしながら。

 

2校時 図工

 

オルゴール作り。

 

3・4校時 書写

 

書き初めを多目的室にて。

 

私も一緒に書いてみたのだが,大きな紙にバランスをとるのは難しく,また単純なひらがな程書き辛い。

 

前かがみの姿勢をとらなければいけないので,集中力を維持するのも大変だ。

 

それだけ集中する分,心も落ち着く気がする。

私のような瞬間湯沸かし器にとっては有意義だった。

 

下手の横好きで,私も習字の時はいつも一緒に書かせてもらっている。

6歳から小学校を卒業するまで習わせてもらったことを親に感謝している。

今思えばもっと続けておけば良かった。

 

昼休み 体育館でバスケットボールなど。

 

5校時 国語

 

漢和辞典の使い方。

4年生で既習の内容だが,もう一度確認の意味で。

 

総画数,部首画数,音訓読みなどからひくことができる優れもの。

 

部首の画数→部首以外の部分の画数が少ないもの…という順番で並んでいることも確認。

 

電子辞書,携帯電話,インターネットの普及で紙媒体のものを使わない人も多いだろう。

電子書籍もそうだが,使う人が上手に活用すれば良いと思う。

 

私はよく「電脳系」に見られるのだが,根っからのアナログ派。

記憶力が悪いからメモ魔でもあるし。

文房具フェチでもある。

 

でも,このブログのようにデジタルも時々愛用する。

 

これもリテラシーなのでは無いだろうか。

 

多様なものを自分用にカスタマイズしていけば良いと思う。

 

だが,小学生には紙媒体の辞書をなるべく使ってもらいたい。

王道から入らないと,全てが邪道となってしまう。

 

基本を知らないと応用できないことと同じ。

 

でも,電子辞書が基本になる時代が来るかもしれないな。

国語の教科書にも「電子辞書の使い方」なるものが載る日も近いかも。

 

余談だが…電子黒板,デジタル教科書って本当に必要なの?

 

そこまで至れり尽くせりじゃないと今の子は学べないの?

そこまで便利じゃないといけないの?

そこまで何もかも知らなければいけないの?

 

便利と引き換えに大切なものを失っていく気がする。

 

6校時 算数

 

新単元「比の表し方」。

 

麺つゆなどを水で希釈する時にも使われている。

 

比の値,比例式なども。

 

ファミリーの苦手な「割合」の領域だが,比はそんなに難しくないと思う。

計算のようなアナゴリズムに乗っけてしまえば。

 

放課後 さよならテスト

 

残プロ。

 

 

卒業まで40日

慣れ親しんだ教室でみんなに会うのもあと40回。

「宇宙一のクラス」を目指してがんばろう。(きょうこ)

2011年1月19日(水)

朝 漢字テスト,朝読書

 

1・2校時 家庭

 

住みやすい地域にする為に

 

3校時 国語

 

文末表現について。

過去と現在,思ったこと,これからのことを書く場合を分けて。

 

日本語の文字について。

漢字の由来。

そして日本語には片仮名や平仮名,ローマ字もある,ということ。

 

外国人にとっては非常に難解だと思う。

アルファベット26文字で済まないのだから。

 

次回,漢和辞典を使って。

 

4校時 社会

 

公共施設の建設について考える。

 

今日は「お金」について。

 

県,国からの補助だけでなく,今学習している施設は企業からも。

いうなれば企業が企画して建てたものを,市が買い上げたもの。

 

ヨーロッパでも同じような形態で,橋や道路を作っている国があるらしい。

 

5校時 算数

 

「量の単位」テスト。

 

6校時 委員会

 

放課後 残プロ

 

 

休職している教師が全国で6,000人を超えて,しかもその内訳で最も多いのが「鬱病」であるという。

夜の報道番組でも,新人教師の多忙ぶりが紹介されていた。

 

確かに一頃の「先生」というものに対する世間のイメージとは,全くかけ離れた現場であることは間違いない。

 

新卒でいきなり一人前であることを求められる,ということも大変だろう。

まあそれは昔からそうであろうが。

 

不祥事などマスコミで報じられていることを受け,教育委員会や管理職も,過度に気にしている傾向もある。

 

でも,私はこの仕事以外をしている自分が想像できないし,何よりも楽しくて仕方がない。

 

どの仕事でも同じように大変ではないだろうか。

 

確かに,我々の本分である「授業」の為の時間よりも,他の業務に追われる日々だ。

 

私自身も走り続けないと倒れてしまうのではないか,という強迫観念にかられている。

 

そんな余裕のない人間に,未来の子どもたちを託して良いのか,という意見もあるだろう。

 

でも,どの仕事も同じように大変だろう。

 

毎年正月明けに,私の高校時代のバスケットボール部の同輩たちと新年会を開いている。

今年で13回目を数える。

教師をやっているのは私以外2人いるのだが,それ以外の20名は皆民間の企業に勤めている。

 

みんなボーナスも出ずに苦しんでいる。

子どもをもう一人欲しいけど,養っていけるか自信が無い,など日々の生活に苦しんでいる。

 

我々公務員は或る程度の保障があるので,その点は恵まれている。

 

今年の3月末に私が引っ越すことができるのも,その恩恵だ。

 

何よりも,この仕事が楽しい。

学級経営は火の車かもしれないが,ファミリーたちは私の傍若無人ぶりにも文句を言わずついてきてくれるし,毎日学校に通勤してくることが楽しい。

 

通勤途中に自転車をこぎながら,

今日はどんな授業をしようか,

などと考えている時間が何とも言えない。

 

また,専門である社会科について研究している時間も至福の時間だ。

確かにもう一度大学などの専門機関で時間を割きたい気持ちもあるが,現場にいながらの方が,より追究できると思う。

現場で役に立たない研究など何の意味も持たないから。

 

私がこうやって前を向いて教師を続けられるのも,ファミリーや保護者の皆さん,同僚のお陰。

 

そして,家庭の為に,心から愛していた教師という仕事を辞してくれた,妻のお陰だろう。

 

そういったことに対する感謝の気持ちを忘れずに,これからも過ごしていきたいと思う。

 

卒業式まで2ヶ月をきってしまった。

 

ファミリーとかけがえのない時間を過ごす為に,もう一度自分を見つめ直そうと思う。

 

 

卒業まで41日

わずかな時間で全てをやりきろう。(まさかず)

2011年1月18日(水)

朝 漢字テスト,朝読書

 

1校時 国語

 

「田中正造」テスト。

 

スウェーデンの就職の道について雑談。

その国は,高卒後,大半は社会に出て学びたいもの,学ぶべきものを見つけ,目指す仕事を決めて大学に進学する,と先日新聞に書かれていた。

 

とりあえず大学に行く

より有効だと思う。

 

私自身もう一度大学に通いなおしたい,と真剣に考えている。

 

大人になってから仕事に生かせる,または追究したいと思うようなものが見つかるケースもあると思う。

 

だけど,やりたいことが見つかっても,それ相応のものが身についていないと不必要に遠回りすることになってしまう。

 

「その時」が見つかるまで,今からじっくり準備することが大切だ。

 

だから,勉強しなさい,

本を読みなさい,

たくさんの人の話をよく聞きなさい,

日本国内だけでなく海外まで足を延ばして見聞を広げなさい…

と言うのだ。

 

かくいう私が,学生時代にしてこなかったから…。

 

2校時 算数

 

初めに計算パズル2枚綴り(四則混合)。

 

量の単位問題練習。

 

単位の変換に苦戦する子が多いからだ。

 

m3→ℓ

などが特に。

 

3校時 音楽

 

ありがとうの会の歌練習。

 

4校時 総合

 

卒業制作。

 

5校時 理科

 

血液の循環。

血液に模した液体が流れる装置やDVDなどを使って。

 

6校時 フラッグフットボール。

 

だいぶ動きに慣れ,ルールも覚えてきたので,もう一度作戦を練り直させた。

今度はタッチダウンする人を毎回変える,という目当てで。

 

放課後 残プロ。

 

 

卒業まで42日

残りの時間1秒も大切にしよう。(まさかず)

2011年1月17日(月)

朝 漢字テスト&卒業式呼びかけアンケート

 

1校時 算数

 

量の単位。

重さの単位と今までのまとめ。

 

2校時 国語

 

同じ訓を持つ漢字。

務める,努める,勤めるなど。

 

日本語の難しい所でもあり,興味深い所でもある。

 

3校時 図工

 

オルゴール作り。

 

4校時 理科

 

魚の呼吸の仕方。

ホルマリン漬けになっている,本物の鮒を解剖したものを使い,エラの様子を観察。

 

5校時 社会

 

本校の本年度最後の研究授業。

大学の教授を招いて。

 

まとめ,ということで研究主任である私のクラスで展開。

 

わたしたちのまわりにある公共施設が,どのようにして建てられたのか考えた。

 

公共施設といっても数多あるので,ファミリーにとって身近な某施設を使って。

全国的にも珍しい複合施設。

以前から私自身興味があり,冬休みを利用して市役所などに取材に行った。

 

全国から視察が絶えないそうだ。

 

詳しいことを書くと場所が特定できてしまうので,内容については伏せさせて頂く。

 

市民の願いから

権力のある人からの命令

お金を提供しているくれる人がいた

 

など予想が出た。

 

次回,どうやって,何を調べるのか考える。

 

本校職員が一同に会した中でも,ファミリーは堂々と発言していた。

 

多様化する世の中で,自分の言葉で,相手に分かり易く伝える力が必要になってくる。

大勢の前でも臆せず,自分の言葉を発することがもっとできるようになってもらいたい。

 

放課後 研究全体会の為,残プロ等は無し。

 

講師として招聘した大学の教授も,ファミリーたちの姿勢に感心していた。

落ち着いて授業が受けられ,且つ一生懸命考えていた。

 

授業の出来自体は,私の未熟さゆえ,納得のいかない所が多々あったが,やはりやって良かった。

 

小学校はとかく学級王国になりがちになる。

どんどん公開をして,自分自身の研鑽にもつなげていきたい。

 

ファミリーとは通算5回研究授業を行った。

どれも有意義なものとなった。

感謝したい。

 

 

卒業まで43日

中学生になっても

大人になっても

6年4組のことを忘れないで!(あみ)

2011年1月14日(金)

1校時 算数

 

計算パズル2枚綴り(たし算&ひき算)。

 

量の単位。

今日は体積について。

立法メートル=キロリットル

など。

 

2校時 体育

 

バスケットボールリーグ戦。

 

3校時 国語

 

田中正造第7(最終)場面。

 

最後に正造の立場と国の立場に分かれディベート。

少数の国民の声を無視して,国家の体制を決めてはいけない。

だが,そればかりに注視していては物事が進まなくなる。

 

でも,それでも国民の声に耳を傾け,最大限努力するのが「国家」だと思う。

田中正造の「日本はもはや亡国となった」という言葉に象徴されているだろう。

 

沖縄の基地問題や八場ダム,諫早湾,TPP・・・。

 

現代にも,同じような問題が山積している。

 

こういったことをファミリーに考えさせたかったのだが,やはり少し難し過ぎたようだ。

反省。

 

4校時 英語

 

班対抗クイズ大会。

ジャンル毎のクイズを選んで答えていった。

100点から500点と難易度も分かれていた。

 

日本語なら分かるんだけど・・・と悪戦苦闘。

 

分かる単語を手掛かりにすれば,だいたいの質問の趣旨は分かる。

長文読解と同じだ。

分かる単語の前後の関係を考えて,全体を把握する。

 

こういった場面でも「想像力」が大切になる。

 

5・6校時 理科

 

新単元「からだのはたらきとつくり」。

 

先ずは呼吸について。

気体検知管と石灰水を使い,吐いた息と吸った息が違う,ということを確かめた。

 

また模型を使って,呼吸の際の肺の動きを確かめた。

 

次に,人体の臓器の模型を使い,位置と名前を確かめた。

 

以前はカエルやフナの解剖をしたものだが,今は生命尊重の観点から行わなくなったらしい。

だが,やはり本物を体験させることは大切なので,煮干しで解剖をする予定。

 

放課後 さよならテスト。

 

残プロ。

 

 

卒業まで44日

4組と過ごした楽しい毎日は一生の思い出!(あみ)

2011年1月13日(木)

朝 漢字テスト

 

ささやかでも思い出に残るものを具現化させたくて試行錯誤してきた。

あわよくばファミリ-自らに考えてもらいたく何度か呼びかけたが,未だにリアクションは無く,時間だけが過ぎていくので,私から提案。

 

4年前に卒業させた前々ファミリーの卒業対策委員会(通称卒対)の方が考えた「メッセージ集」。

2年前の前ファミリーも作ったものだ。

クラス全員で,一人の為にメッセージカードを書き,それを32冊それぞれのファイルにまとめる。

 

なのでカードの総数は

31枚×32枚=992枚

となる。

 

色紙にまとめると,一行しか書けないし,だいたい同じような言葉が並んでしまう。

 

だが,カードならそれなりに個性を出すことができる。

 

また厚みもあるので無くす恐れもない。

 

今回は写真L判サイズのファイルを用意しようと思うので,4月の始業式に撮った集合写真も添えてファイリングさせようと思っている。

 

今日からスタート。

出席番号順に進めていくが,一人ずつ思いをこめて書いてもらいたい。

 

1校時 社会

 

4校時の税金教室に向けてイントロダクション。

税金の種類などについて。

 

2校時 総合

 

卒業制作。

オルゴールは色塗りに進んでいる子も。

 

3校時 総合

 

2校時の続き。

 

4校時 社会

 

税金教室。

税金の使われ方などを市役所の税務課の方々からご指導頂いた。

 

税金が無いとあらゆる公共サービスが受けられなくなる。

警察も,救急車も。

 

小学生一人当たりの年間教育予算は,83.8万円。

これが多いか少ないかは見解が分かれるところだが,未来への投資として,私はもっと教育予算をかけるべきだと考える。

実際,日本はOECDの中でダントツに教育予算が低いのだから。

 

かくいう私の給料も県の税金。

心して職務を行う義務がある。

 

5校時 総合

 

3校時の続き。

 

6校時 体育

 

久々の合同体育。

急遽,他のクラスの担任からフラッグフットボールを指導して欲しいと頼まれて。

 

ファミリーの中から2チームをピックアップ。

デモンストレーションを用いてレクチャー。

 

最後にクラスごとにパスと走りながらのキャッチの練習。

 

放課後 残プロ。

 

ようやく卒業個人文集全員完成。

 

予想を遥かに超える時間を要した。

これも我がクラスならでは,かもしれない。

 

その分,内容の濃い文章にもなっている筈。

32枚を綴ると,なかなか壮観だ。

 

この2年間,私も全力を注いできたつもりだ。

 

ファミリーの小学校生活の6分の2を共に過ごしてきた。

我々の歴史がある。

 

それらを読んでいると,私自身感慨深いものがある。

思い出を振り返るにはまだまだやるねきことが山積しているが。

 

3月17日を是非楽しみにしてもらいたい。

 

 

卒業まで残り45日

1日がたつのははやいですね。

このままだと卒業まで残りわずか。(ゆうき)

2011年1月12日(水)

朝 漢字テスト&読書

 

1校時 音楽

 

「ありがとうの会」や卒業式に向けて。

 

2校時 家庭

 

家族への贈り物,住みやすい町にする為に。

 

3・4校時 社会

 

新単元「わたしたちの願いを実現する政治」。

 

事前アンケートの結果を簡単に報告。

「政治」というものを遠く感じている子が多いようだ。

 

だが,小学生にとっても身近に政治の働きによるものが多くある。

その一つに公共施設。

 

事前アンケートでは,公園や学校,病院などを「みんなの為の施設=公共施設」として書いていた子が多かった。

 

今日は実際に,市の地図に書かれている「公共施設」を班ごとに探し,シールでマーキングした。

 

次回(17日),その資料をもとに,学習問題を作っていく。

その日は研究授業。

 

ファミリーにとっては,今年度3回目の研究授業。

(ちなみに昨年度は2回。)

 

校内授業研究会のまとめとして,研究主任である私が行うわけだが,ファミリーにとっても「見られる」ことはプラスになる。

大変かもしれないが,是非積極的に発言してもらいたい。

 

今日は定例研の為,午前日課。

 

放課後,2時まで残プロ。

 

私は某小学校で研究会。

来年度から新しくなる教科書について検討会。

 

 

卒業まで残り46日

卒業まで46日!

みんなでこの1ヶ月半を楽しくしていこう!(ゆうき)

2011年1月11日(火)

朝 漢字小テスト

 

1校時 音楽

 

2校時 学活

 

卒業アルバム学年全体写真。

校庭にて。

 

業間休み

 

陸上部写真撮影。

 

3校時 身体計測

 

4校時 算数

 

初めに計算パズル2枚綴り(四則混合)。

 

その後,量の単位。

 

今日は長さと面積の単位。

 

mm,cm,m,kmの関係。

また,a,haについても。

 

それぞれ隣同士の関係を覚えていれば,mmの1000倍はmというように応用が利く。

 

「ミリ」という単位は1000分の1という意味を覚えることも有効だが。

 

5校時 国語

 

「田中正造」第5・6場面。

 

6校時 体育

 

フラッグフットボール。

今日は実戦形式(スクリメージ)で。

だいぶルールが分かってきたようで盛り上がってきた。

 

放課後は私が会議の為,さよならテスト,残プロは無し。

 

昨日は成人の日。

 

成人式に出席していた人にインタビューをしている様子を見て,違和感を覚えた。

 

みんなこぞって

 

政治に不信感がある

不景気で就職できない

 

だから,未来に希望が持てない,言っていた。

 

ん~,じゃあ,そのまま何もしないで,指をくわえているだけなのだろうか。

 

そういう状況だからこそ,自分は何をするべきか,問題解決力が問われるのだ。

 

他力本願というか,人のせいにばかりしているというか。

 

よく「自分に合う仕事がみつからないから就職できない,転職する」と聞くが,本当に自分に合う仕事に巡り合うことなんて無いと思う。

 

自分で「合わせて」いかなければいけないのだ。

もしくは,自分に合うように職場を変えていくのだ。

 

ファミリーには是非,前向きに未来の展望を描けるような成人式を迎えてもらいたい。

切に願う。

 

卒業まで47日

卒業式までまだ日は長いと思うけれど,

これからの時間は風のように早く過ぎていきます。

1分でも1秒でも大切にしていこう。(ほのか) 

2011年1月7日(金)

1校時 算数

 

宿題答え合わせ。

 

新単元「量の単位」。

移行措置単元。

 

メートル法を学習する。

今日はその導入。

 

体育館の高さを表すには「m」を使う,など,日常生活で使われる「量と単位」について考えた。

 

2校時 体育

 

バスケットボール。

今日からリーグ戦。

 

どうしてもボールに群がってしまうので,ディフェンスは前から当たらず,ハーフから守るよう指示。

その方がオフェンスのバランスも良くなるし,ディフェンスも待って守ることができる。

 

3校時 国語

 

初めに計算パズル2枚綴り。

 

「田中正造」第4場面。

 

4校時 総合

 

卒業制作など。

 

5・6校時 総合

 

水田整備。

土を全部取り出した。

 

我々もお世話になった水田。

今年度は水が直ぐに抜けてしまう為,使えなかったそうだ。

 

来年度の5年生がこのままでは使えないことは明白なので,何とかできないか教頭と相談していた。

業者に頼む予算も無いので,自前で何とかしなければいけないことに。

 

とりあえず土を全部取り出して,補修部分を確認することに。

 

ファミリーには大変申し訳ないが,協力してもらった。

 

流石に作業が早く,予想の時間よりも遥かに短く終わった。

 

この2年間,あらゆることでファミリーに手伝ってもらった。

 

私はどんなことにも快く引き受ける資質を育てたかった。

それは前々も,前ファミリーもそう。

 

それら全てが糧になると。

 

だから,こういった有志活動には率先してして手を挙げた。

 

何もうちのクラスばかりやらなくても…という声も聞こえなくもないが,やったもん勝ち。

私はそう信じている。

特に,現ファミリーは気持ちがあっても行動に表せない「おく手」な子が多い。

 

尚更,やるべきだと思った。

 

残りの時間は教室で簡単なレク。

聖徳太子ゲーム。

 

放課後 さよならテスト

 

残業解消プロジェクト。

 

卒業まで48日

卒業式までの1日1日をみんなで仲良く過ごそう。(ほのか)

2011年1月6日(木)

新年。

今日からまた気持ちを新たに。

 

ファミリーにとっては終わりと始まりがクロスする年。

有意義に過ごせるよう,私自身もサポートを惜しまないようにしたい。

 

1校時 朝会(始業式)

 

2校時 国語

 

漢字テスト,計算パズル,社会科アンケート,宿題集め。

 

3校時 総合

 

卒業制作諸々。

 

 

卒業まで残り49日

1日1日を大切に!(Mなお)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »